TS250レストア中ver.2
70年代のバイクのレストア&トラブル満載ツーリングで楽しんでいます
コンロッド切断?
 うちのハスラー250はピストンがキズだらけで倉庫で休養中

その昔、オーバーサイズのピストンが、国内では手に入らないので、250はしばらく放置されたのでした

先日、付属品が欲しくて買ったTS250のエンジンはサビついて、使える部分がほとんど無いが、ピストンが使える可能性10パーセント?にかけ、一応バラしてみることにしました。

なかなか手ごわいエンジンで、潤滑スプレー注して叩いても全く動きません。 雨ざらしで放置されたんでしょうね

シリンダーヘッドとピストンの間にソケット(工具)を入れ挟んでヘッドボルトを締めてピストンに圧力を掛けても少ししか動かず、10日位格闘後、ついにヘッドがダメになりました(笑)

TS250エンジン分解1


どうにもならんので外してプレスに掛けようかな?

その為にはどうするかと言うと・・・・・・コンロッドを金ノコで切りました~

TS250コンロッド切断3


TS250コンロッド切断2


あとはシリンダーを加熱してプレスしようかな?

スポンサーサイト
リヤハブ ダンパー修理
 ネットで面白い物を見つけたので採用してみました。

エンジンマウント強化剤(4.800円)

p1.jpg


マウントブッシュの隙間を埋めて強化する2液性の溶剤です。

ジムカーナとかレースをやってるわけでは無いのでうちの自動車には必要ありません。

今回はバイクのリヤハブのガタの修理に採用してみました。

 
うちのハスラーのリヤハブには遊びが多くあり、ダンパーゴムを替える必要があります。

で、ダンパーゴムは1個 1.500円で奇跡的にスズキから部品が出ましたが、6個要るので合計1万円もかける私ではありません(笑)

ハスラーのリヤハブにダンパーを入れマウント強化剤をA+B液同量混ぜて注入

隙間無しでいいのか悪いのかわかりませんが、完成

2015040509250000.jpg

白いのが強化液です、強度は70番を選択しましたが、乗り心地はどうかな?


次回 マウント交換出来ないのでは? って質問がありそうですが、私が使用する期間には取り替える事は無いでしょう

サイドカバーのレストア
TS250のサイドカバーが棚の奥から出てきた

エンブレムのはまる枠があるから、5型ですね。

サイドカバーの状態は黄色で厚塗りして汚いが、エンブレムが欲しくて落札した・・・・・と記憶している(笑)

まあ、今度メグロでも塗装する時までに下地を作っておきましょう。

サンドペーパーで剥してみました、下から出てきた純正グリーンにまでヒビ割れがあります(2ストオイル点検窓周辺とか)。

ハスラーサイドカバー

このひび割れは全体にあり、いわゆるメロン塗装と呼ばれているものである(私の周辺だけかも?

純正グリーンメタリックはシンナーで拭くと容易に取れるので、当時の塗料はラッカーだったと言うことがわかる。

上塗りの黄色はシンナーで取れにくかったので硬化剤入りの塗料かな?



とにかく、全部剥がさなきゃ、上塗りがまたメロン塗装になります、はぁ~




エンブレムの付く所は変形していたので表裏から鉄板ではさんで修正中です。



このあと、続く・・・・・かも?



TS250 タンク塗装・続き~
今週は土日が休みでしたが、天気もいいのにバイクに乗れません。

2~3日前からのどが痛い、風邪かな?

体調が少し良くないので、ハスラーの塗装の続きをやってみました。

体調が良くなければ寝てりゃいいのにやっぱり何かしてるんですね~(体温38度を超すと寝ますが・・・・

土曜日は白いラインを入れます。(マスキングは前日、テレビを見ながら食卓で・・・・)

TSタンク白塗装

白ラインとそう

文字塗装バリ修正
TSの文字をはがすとバリがすごいですね~、塗り重ねし過ぎたかな?

マスキングをはがすタイミングが早すぎと言うことも・・・(あいも変わらずせっかちですね








さて日曜日、白いラインの修正から。

800番のペーパー掛けとカッターナイフで文字の輪郭を修正します。



またまたマスキングをして今度はオレンジラインを塗装します。

オレンジの塗料は無いので、DT-1FのオレンジとXS650Eの赤を混ぜて作ってみました。

緑のタンクは当時のほぼ新品タンクなので、このライン色を信用して調色します。

朱色ライン調色

当時の記憶ではオレンジはこんな感じでしょうか?
しかし35年も前なので覚えている訳無いんですが・・・(笑)

朱色一回目塗装

途中で塗装がタレて来たのでタンク側面を水平に固定、少し時間をおきます。(我慢できるくらいでとどまりました)
塗装がタレないように横向き



完成~
TSタンク銀色仕上がり

マスキングは近くで見ると 直そうかとも思ったが、クリアを吹いて済まそうと言う悪魔のささやきが強かった
TSロゴ 完成



当時の緑タンクと比べてどうかな?

TS.jpg

タンクのライン引き
天気もいいし特に予定も無し。

シルバーメタリックに塗装されたタンクにラインを入れようとマスキング中~

タンク塗装 (1)

調子に乗ってきた11時頃、家族の花見に強制連行されてしまった

途中で抜ける為に別の車で行って2時頃 帰還

マスキングは気分が乗らなくなったので、TSタンクの下の車体(イーハトーブ)に乗って例のJEEP のお手伝いに行きました。





エンジン不調を問診、故障診断。

プラグがかぶっていたのでそこらの中古に交換(かぶっていないだけマシ)

取り替えるとリンナン(臨時運行用ナンバー)で何とか走れるレベルになった。

ガスがとっても濃いようなので、キャブをいじる前にちょっと薄くしてみる。

エアクリーナーを外す・・・・・・ますますイイみたいです。

オイルバス方式?なのでエアエレメントケースの下部にオイルが溜まっています。

今時無い方式なので???

どうもオイルの入れ過ぎかも? 入れすぎるとエア通路をふさぐようです。

はっきり原因をつかまないまま日が暮れる前に試運転。

タンク塗装 (2)



快調に走ること15分・・・・エンジン止まりました

タンク塗装 (4)



どうもガソ欠らしい(爆笑)、ガソスタまで牽引して給油。


それは良かったのですが、停車後・・・・車の下に直径10cm程のオイル漏れがありました。

エンジンとミッションのつなぎ目あたりでしょうか?


修理はまだまだ続きますね(



プロフィール

Author:suppiy
TS250レストア中 は現在 いろいろレストア中 になっております。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード