ウインカーステー製作

2012.06.24.22:36

梅雨時はバイクもカビが生えそうで心配です。

今日もちょうど雨だったので倉庫の掃除を兼ねてバイクの点検にいって見ました。

カバーを外すと・・・~ん、下の方がくもの巣だらけ・・・・掃除をしてバイクのサビ点検をしてCRCもどきの潤滑スプレーをたっぷり振りかけて上げた

そろそろGTの復活時期かな?TXもDTもTSはどうするん?




奥の端のXL250Rパリダカを見るとリヤウインカーがもげかかり垂れ下がっていた


かわいそうだったので、ちょっと修理開始。

ついでに大き過ぎるリヤキャリアもノーマルサイズに変更してみよう。


幅を広げられたキャリアを切って狭めます。

パリダカキャリア



切ったサイドの部分をリヤに延長し溶接します。

余っていた鉄筋を切って芯を入れ強度を上げ溶接をし易くします。


パリダカキャリア-2



作業は簡単だが溶接の下手さを隠すため、溶接と研磨の繰り返しに時間を費やします。


まぁ、こんな感じで終了!!


パリダカキャリア-3

バンドソーがあればもっとキレイに仕上がるかな?














一方、ウインカーステーは合成ゴム製で20年いや30年以上の年月で朽ち果てていた。

ウインカー修理前

ゴムの部分を分解して両端のねじの部分を生かします。

中間のゴムの部分はパイプに交換です。

パイプは当然そこらに転がっていたパイプ(たしか20年ほど前のガラステーブルの足?)を使用します。

パイプ内径に(直径16mm)合わせ両端のねじの端を段つき16mmに加工します。

ステー切削

パイプに万力で圧入してほぼ出来上がり。

パイプへ圧入

表面のサビと赤い塗装をはがし仕上げ加工です。

表面仕上げ切削


いずれステーを塗装する予定ですが、本日はココまで。

最終仮組
スポンサーサイト

Z1000J  続き~

2012.06.17.21:24

6月17日

バッテリーを取替たけど同じだった!!”とブチ君からTELがありましたので、今週も1時間かけてブチ君宅へ出張です。

今回はケリをつけるため配線図(ネットのZ750D2用が似ていたので拡大コピーして準備)の用意し予習して望みます。

きっとハーネスの導通不良か?カプラーの端子で接触不良だと考え、クリップの付いたケーブルや配線加工キットを持参しました。

アース取ったり、配線をバイパスしたりいろいろやりましたがダメでした

ネットやあちこちのウワサで、結局発電コイルが怪しいと思ってきたのですが、決め手が無いまま時間が過ぎ・・・・

このままでは本日も結果がでないのかなぁ~


もう一度基本に返って各部の電圧を測定。

ところがエンジンが焼けてきて?充電電圧がだんだん低下、4000rpmでも12.5V 位になって来た。

エンジンが暖気終了してACジェネレーターのコイルでも焼けてきたかな?

ここでもう一度コイルの出力測定をしてみると・・・

アイドリングで22V、アクセル開けて50V位これは範囲内でOK。

良品コイル22V
画像の焦点はなぜか缶コーヒーやね、相変わらず下手です。


各端子間でAC20~50Vあるはずが3箇所測って1箇所異常、ココだけ2.3Vしかない。

不良コイル2.3V


エンジンが温まりやっと異常なデータが出ました

人間でも頭に血が上るとおかしくなって来るしね・・・(笑)


やっぱりACジェネレーターを買うしかないようです。

あとはブチ君からの修理完了の報告を待つだけですね、

いい報告は次の飲み会か?いきなりのロングツーリングでしょうか?

充電回路の学習会

2012.06.17.21:13

先週、今週と続けて日曜日は電気の学習会でした。

題材は去年からずっと手付かずで置いてある充電不良のZ1000J、ご存知ブチくんの車両です。

とってもパワフルでナナハンのつもりでアクセルを開けるとフロントが浮いてきそうになります。

しかしコレではロングツーリングには行けません

Z1000J改



前回、角島に行けなかった為、やっと直す気になったようですが、時すでに遅し・・・・

今月で車検も切れてしまいました(笑)


飲み会でお助けを頼まれ、引き受けたものの私も電気は苦手・・・・

ブチ君と一緒に勉強しました。

先週の日曜日は、ネットの情報をもとにテスターで測定します。

ICレギュレーターはオーナーが新品に交換済みなので、怪しそうな発電機のコイルから点検します。


ふむふむ・・・ネットのマニュアルより、3本の端子間の抵抗を測れということでそれぞれ2本ずつ測るとマニュアル通りの抵抗がありました。

コイル端子間抵抗0.8オーム

それぞれ0.8オームで正常!

次にレギュレータを切り離し、エンジンを掛け発電コイルの2本ずつ、それぞれの発電量を調べるとな・・・・フムフム。

黄色の線を2本ずつ測るとアイドリング20V、3000rpmで50V程出力します。これもマニュアル通りですねぇ。(測定レンジは交流発電機なのでACで測ります)

じゃぁ発電コイルはOK ですね。

でも4000~5000RPMまで回してもバッテリー電圧はぎりぎり13V しかありません、ヘッドライトを点灯すると12.3V位・・・・・ヤッパリダメですね。





レギュレーターも発電機もOKなら、悪いのはドコですか???


バッテリー?ハーネス?


その日は、行き詰ったのでとりあえずバッテリーも古いので替えてみたらと言って無責任に帰りました

5/27 阿蘇ツーリングの続き

2012.06.02.23:24

27日9:00 
湯布院 素泊まり温泉付き3.000円の宿(思ったよりずっと良かったよ)を出発~

滅多に来れない九州なので、後悔しないために瀬の本高原まで往復。

晴天だったので、昨日よりもいい景色とめぐり合えたことに感謝

長者原27日晴天 (10)x0.3

計画では瀬の本から竹田に向かう予定だったが、由布院の発動機のイベントを見て帰るため由布院に11:00に戻った。

湯布院発動機イベント (3)x0.3

発動機は四国でも見れるのであんまり興味が沸かなかったなぁ~。

それより駐車場にあったワーゲンとかも、時代を感じさせてくれた朽ち果て方がなにげに面白かった。
湯布院発動機イベント (10)x0.3

結局やまなみハイウェイを2日で2往復し満足~


由布院から高速で帰ろうかと思ったが、由布岳の緑があまりにもキレイだったので、一般道にて帰ることに。

湯布院27日帰り (4)x0.3

湯布院27日帰り (9)x0.3

フェリーに乗ったら1時間で三崎の風力発電のタワーが見える。

三崎 (1)x0.3

九州は以外に近いのです
 
プロフィール

Author:suppiy
TS250レストア中 は現在 いろいろレストア中 になっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード