TS400 オートデコンプ点検

2016.03.29.00:58

ハスラー400がうちに来て何回ケッチンを頂いたかわかりません

何回も痛い目にあうとキックが怖くて、厚底ブーツじゃないとキック出来なくなりました(笑)


今のところ自作デコンプ2号を使ってますが、スパナでデコンプを作動させてリ止めたり忙しいので、ついつい無しでやってしまうんですね。
自作デコンプ2号




その後、いろいろネットで検索してわかったのですが、ハスラーの後期エンジンにはオートデコンプと言うものが付いているらしい。

なんでもシリンダーに小さな穴が空いていて始動時の圧縮を逃がしているようです。

ここで疑問が湧くのですが、穴が空いていて圧縮を逃がすとパワーダウンしないのでしょうか?

TS400に関する資料は数少ないし、考えてもわからない

もしかしたらうちのはデコンプの穴がすすで詰まっているかもしれないと思いヘッドを開けてみました。



あらら・・・こんな所に穴が空いてますね~。直径2~3mm位でしょうか?

P3270151.jpg

黄色い電線を入れてみました。

穴の出口は排気口でした。

よく分かりませんけどキック時は圧縮が逃げケッチンが無くなる構造?、低中速や高速は圧縮が逃げないんでしょうか?


この穴がカーボンで詰まっているのを期待しましたが、全く詰まっていませんでした

掃除をしてオートデコンプが利き出すと思ったんですが、残念・・・

P3270153.jpg

今しばらくは、自作デコンプで行きましょうか
スポンサーサイト
プロフィール

Author:suppiy
TS250レストア中 は現在 いろいろレストア中 になっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード